山本歯科クリニック

小児歯科

子どものむし歯予防の原点は、お母さまにあると言ってもよいでしょう。
生後10ヶ月~31ヶ月の間に、むし歯菌であるミュータンス菌が母から子へと感染していきます。
問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシングくらいではミュータンス菌を減らすことは不可能で、”一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない”というリスクを負うといわれています。

反対に、この期間を無事に過ごせると、サングイス菌(むし歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、むし歯になりにくい口腔環境となっていくことが知られています。
子どもの歯(乳歯)は、やがて永久歯に生えかわるため、むし歯になってもいいのではと考える方がいるようですが、それは子どもの健康的な発育や成長にとって、間違った考えです。
大人と同じで、毎日、美味しく楽しく食事をとること、そしてかみ合わせのことはとても大切です。
その子どもの成長や環境に応じた治療や予防をおこない、将来、むし歯のない、かみ合わせの良い成人になってもらうことが小児歯科の大切な目的と考えています。

虫歯の兆候はありませんか?

乳歯は一度むし歯になると、あっというまに進行します。
受診されると、ほとんど神経の近くまで進行してしまっていることも多く見かけます。
仕上げ磨きをするときに、歯の表面が白っぽくなっていないか、黒くシミになっていないか、歯の溝が茶色くなっていないかなどよく観察してください。
このような兆候はむし歯の始まりですから、この時点で受診されるとフッ素を塗るだけで済むか、あまり削らないので治療が簡単で済むと思います。

歯科医院には「痛くなってしまったむし歯を治してもらいに行く」というよりは、「むし歯ができていないかどうか、チェックしてもらう」というようなつもりでいらしてください。
小さいむし歯は、治療の範囲も小さく、治療時間も短くて済みます。
何よりも結果的にお子さん本人の負担が少なくてすみます。
そのために定期的な検診を、ぜひ受けてください。
その際に、ブラッシングの説明や、むし歯予防のフッ素塗布を含めた、予防歯科プログラムをおこなっています。

「三つ子の魂百まで」といいます。
その子どもさんにとって、生まれて初めての歯医者さんで、歯科治療によい印象を抱いてもらうことは、大人になっても歯医者嫌いにさせない、何よりも大切なことではないかと考えております。

トップに戻る

携帯からもアクセス - Access to mobile site.

左のQRコードを読み込むか、携帯電話から直接
http://www.yamamoto-dental-clinic.jpにアクセス!
※一部キャリアには対応していません。

山本歯科クリニック - YAMAMOTO DENTAL CLINIC

住所
兵庫県西宮市樋之池町10-14
TEL : 0798-75-2753

当サイトに掲載されているすべての画像、文章の権利は、山本歯科クリニックに属するものとし、無断転載・利用を禁じます。
copyright(c) 2008- YAMAMOTO DENTAL CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED.